配管ジャーナルPiping Journal

絶縁チューブとは?用途や熱収縮チューブの選び方について解説

絶縁チューブには、PVCチューブと熱収縮チューブの2種類があります。いずれも電線や端子、電子機器のハーネスなどへの絶縁用保護材など多くの用途に使用されておりますが、この記事では、熱収縮チューブの選び方と使い方を解説いたします。

熱収縮チューブについて

熱収縮チューブは、熱をかけると収縮します。絶縁加工したいパイプや電線等を熱収縮チューブに通してからヒートガンを使って熱をかければ、通した物の形状に合わせてチューブが収縮します。 

熱収縮チューブの主原料は、ポリオレフィン、フッ素ポリマー、熱加塑性エラストマーなどがあり、用途や使用環境に応じて選定が必要です。家電、電子製品、自動車用ワイヤーハーネスなどの電線や部品の保護、絶縁加工、防水、摩耗防止などの用途に多く使われています。配管工事ではパイプの防食に使われます。

熱収縮チューブは2種類ある

熱収縮チューブには、一層熱収縮チューブと二層熱収縮チューブがあります。

 一層構造のチューブは、絶縁や摩耗の保護に適しています。厚みによって、薄肉、中肉厚、肉厚の3タイプがあります。

二層熱収縮チューブは、外側と内側の2層構造になっています。内側に接着剤を使用し、絶縁と機械的保護、防湿性を実現します。湿度や腐食からの保護に適しています。

熱収縮チューブの選び方

熱収縮チューブを選ぶ時には、収縮前の内径と収縮率、収縮後の内径と収縮する温度が重要です。 熱収縮チューブは、素材によって収縮率が変わります。

熱を加えるとチューブの形状が変わるため、チューブで覆いたい物の直径よりも熱収縮チューブの収縮後の内径が小さくなるものを選びます。チューブの中に入れる被覆物の径よりも収縮後の内径が小さくないと締め切れないからです。

収縮率も2対1が多いですが、4対1のように高収縮でケーブルとコネクタ接続部分の保護に最適なチューブもあります。配管施工の用途以外に、電線の地下埋設に最適な肉厚タイプもあります。

 一般的な熱収縮チューブはおよそ120℃以上で収縮するので、加熱にはヒートガンが必須です。ヒートガンの用意がなければ、約80℃から収縮する低温タイプを選べばヘアドライヤーの熱で収縮できます。※ヒートガンが推奨されています。

まとめ:用途に合わせ適切な絶縁チューブを選ぼう

絶縁チューブにはPVCチューブと熱収縮チューブがあります。収縮前と収縮後それぞれの内径、使用温度範囲を確認し、施工に最適なものを選びます。

「三興バルブ継手」では「なんでも揃う」をスローガンにしており、在庫として持っているアイテム数は20,000点以上と九州最大級を誇ります。まずは専門スタッフが商品選定から小口対応まで行うインサイドセールスにご相談を。また納期や用途などでお困りのことがあれば、ご相談のうえで購入することもできますので、ぜひ一度利用してみてください。

取扱いアイテム、商品選定、納期・価格などに関するお問い合わせ先