配管ジャーナルPiping Journal

改めて聞きたい配管基礎知識

シール用四ふっ化エチレン樹脂未焼成テープ(生テープ)

JIS名称は、「シール用四ふっ化エチレン樹脂未焼成テープ(生テープ)」(JIS K 6885)。
シールテープの材質はテフロン(ポリテトラフルオロエチレン)。

シールテープは水道管や空気管、また油圧の配管など、液体や気体を導く配管の接続部分等に生じたすき間を埋めるために使用されるシール材である。
配管の接続部分には互いにねじが切られており、それらをかみ合わせることで接続を果たしている。
接続箇所のねじ切りを完全に整合させることは難しく、ここにわずかなすき間が生まれる。
このすき間は液体や気体にとっては容易に通過できるものである為、これを埋めておかないと漏水・漏気・漏油の原因となる。

使用方法

  1. 続する配管の雄ねじに適量を巻き付けたのち、雌ねじにかみ合わせる。
  2. 雄ねじの先端、一山から二山程度あけた部分から巻き始め、巻き始め部分で数回ほど巻き付けたのち、
    ねじの根本に向かってテープを重ね合わせるようにして巻きつけていく。
  3. シールテープはねじ山に沿うようにして巻く。このとき逆方向に巻いてしまうと、ねじを挿入するときにシールテープが取れてしまう。
  4. また、先端部よりテープがはみ出してしまうと、管内にシールテープの切れ端が侵入することになり、配管のつまりや機器の故障の原因になる。