配管ジャーナルPiping Journal

働き方改革

建設業の働き方改革|猶予期間に取り組むべき内容を解説

働き方改革における労働基準法の改正により、時間外労働の罰則付き上限規制は2019年4月から施行され、中小企業は2020年4月から、建設業では2024年4月から適用されます。

建設業の事業者はこの猶予期間に改正された労働基準法について理解し、準備する必要があります。

この記事では、建設業の働き方改革における時間外労働の上限規制に必要な知識や、猶予期間に必要な取り組みを解説します。

法定労働時間と時間外労働

法定労働時間とは、労働基準法が定める労働者の労働時間です。労働基準法第32条では、事業者は労働者に対して、休憩時間を除く1日8時間、週40時間を超えて労働させてはならないと定めています。

法定労働時間を超えて労働させる場合、労働基準法第36条に基づき、労働者と事業者間で36協定を結ばなければなりません。労働基準法の改正前は厚生労働大臣の告示のみで行われていたため、36協定は強制力をもたず、特別条項付きの36協定を締結さえすればいくらでも時間外労働が可能でした。

このような状況を改善するため、今回の法改正により、時間外労働の明確な上限が設けられました。

時間外労働の上限規制の内容

ここでは、時間外労働の上限規制の内容について以下の点に注目して解説します。

  • ・時間外労働の上限規制の内容
  • ・改正前との違い
  • ・違反した場合の罰則

時間外労働の上限規制の内容

時間外労働の上限は原則月45時間、年360時間ですが、36協定を締結する場合、次の全ての条件を守れば時間外労働の上限を超過できます。

  • ・時間外労働が年720時間以内
  • ・時間外労働と休日労働の合計が月100時間未満
  • ・時間外労働と休日労働の合計が2〜6ヵ月の平均でいずれも80時間以内
  • ・時間外労働が月45時間を超えられるのは年6か月(6回)まで

改正前との違い

改正前に比べ、時間外労働の時間そのものに変わりはありません。ただし、臨時的な事情があり36協定を結ぶ場合は大きな違いがあります。

改正前は年6ヵ月まで上限なしでしたが、改正後は条件付きで年720時間以内、時間外労働と休日労働の合計が月100時間未満・2〜6ヵ月の平均でいずれも80時間以内など、時間について明確に定められました。

また、時間外労働の上限規制の改正前と改正後を比較すると、法的強制力の有無に明確な違いがあります。時間外労働の上限規制の改正前と改正後の違いは以下の表を参考にしてください。

 

改正前

改正後

時間外労働時間

月45時間・年360時間

月45時間・年360時間

臨時的な事情があり36協定を結ぶ場合

上限なし(年6ヵ月まで)

年720時間以内(年6ヵ月まで)
時間外労働と休日労働の合計が月100時間未満・2〜6ヵ月の平均でいずれも80時間以内

法的強制力

厚生労働大臣による告示

法律による上限

参考:厚生労働省「時間外労働の上限規制 わかりやすい解説」

 

時間外労働の上限規制の改正では、臨時的な事情があり36協定を結ぶ場合に明確な基準を定めることで、増加する時間外労働を調整する目的があります。

違反した場合の罰則

時間外労働の上限規制が改正され法的拘束力を持ったため、違反すると、6ヶ月以下の懲役、または30万円以下の罰則を受けます。罰則の対象者は個人ではなく企業です。

施工管理担当者が従業員に独断で時間外労働を命じて時間外労働の上限を超えた場合でも、罰則や罰金の支払いは企業に科されます。そのため、事業者や管理責任者は労働者の労働時間を正確に把握しておきましょう。

建設業に猶予期間が設けられた理由

建設業に猶予期間が設けられたのは、他産業と同時期に時間外労働の上限規制を適用すると、仕事が円滑に回らなくなる可能性があるからです。国土交通省の調査によると、令和2年の建設業の年間実労働時間と年間出勤日数は、産業調査計と比較するとかなり多いことがわかります。

 

年間日労働時間

年間出勤日数

建設業

1985時間

244日

産業調査計

1621時間

212日

 

このような建設業の長時間労働や休日出勤などの業務課題を、すぐに解決するのは難しいため、5年間の猶予期間が設けられました。

猶予期間中に必要な取り組み

建設業は、生産性の向上や業務効率化を図り、時間外労働の削減に取り組まなければなりません。時間外労働の上限規制が適用されると、これまで通り時間外労働が行えず、業務が円滑に回せなくなる恐れがあるためです。

生産性の向上や業務効率化にするためには、次のような取り組みが必要です。

  • 人材の確保
  • 個々のスキルアップ
  • ICTの導入

給与設定や社会保険の付与など、待遇面を改善することで新たな人材を確保すると共に、リカレント教育などを利用して既存の労働者を再教育することで、生産性の向上につなげます。

加えて、勤怠管理システムやICT建機、ドローン、BIM/CIMなどを導入することで業務効率化を図り、時間外労働の削減に取り組みます。

3Dレーザースキャナーによる図面作成で業務効率化を

3Dレーザースキャナーは、対象物の空間位置情報を取得する計測装置です。短時間で3次元でのデータを取得できる計測技術のひとつで、平面図のほか3Dモデルを作成することができ、建物の改修工事のプランニングに活用できます。

現地調査に1週間以上かかる回収現場でも、3Dレーザースキャナーを使えば現調から図面の完成まで1〜2日程度に短縮できます。図面の制作日程が明確になり工程管理がスムーズです。

現地調査にかかる期間を大幅に短縮し、人員の省力化と作業時間の効率化が見込めるため、建設業にうってつけのサービスです。

【10月26日(木)14:00~14:30 ZOOM開催】

↓↓工場設備の安定稼働につなげる3D空間スキャン技術の活用方法をご紹介!無料オンラインセミナーのお申し込みはコチラから↓↓

働き方改革施行までの猶予期間に生産性の向上を図ろう

建設業の働き方改革が施工されるまでに時間外労働の上限規制を理解し、準備しなければなりません。改正前とは異なり、遵守しなければ罰則を受けるため、長時間労働時間の多い建設業は業務改善が必要です。

人材を確保し個々のスキルアップを図ると共に、ICTを導入して時間外労働の上限規制に対応しましょう

三興バルブ継手株式会社は、主に配管設備資材を取り扱い、現場が円滑に進行できるようサポートしています。また、幅広い知識を持つ専任の担当者による3Dレーザースキャナーによる図面作成のほか、配管加工後の納品サービスも行っています。

発注した資材を必要に応じて加工し、納品することで現場の作業負担の軽減につながります。現場が忙しく人手が不足している場合や納期が迫っている場合にご活用ください。

これらのサービスの活用により手間のかかる作業、工数を削減し、働き方改革への準備をしませんか? 

気になる方は、ぜひ、お気軽にご相談ください。

配管資材専門店VALVIA(バルビア)