配管ジャーナルPiping Journal

改めて聞きたい配管基礎知識

【電磁弁トラブル対策Q&Aシリーズ1】コイルの寿命はどれくらい?

このシリーズではみなさんから多く寄せられる、

「電磁弁のトラブル回避」のためのポイントを、

(株)ベン様の商品を参考に数回シリーズに分けてご紹介していきます。

 

〇電磁弁のコイル耐久性はどれくらい?

型式にもよるのですが、(株)ベン 電磁弁シリーズの場合、

・PSー22型(25A以下):100万回

・WS-22型:30万回

といわれています。

コイルの耐久性は、耐熱寿命曲線というもので変わってくるため

200℃で使用すると、約5万時間が寿命時間となり

これを24時間運転で換算すると、

5万時間 ÷ 24時間 = 約5.7年の計算になります。

ただし、常温の乾燥状態で使用した場合には、

倍以上のコイル寿命に伸びるとも言われています。

 

〇コイルの寿命を縮める要因(原因)は?

いくつか代表的なものをご紹介します。

・使用環境の湿度が非常に高い

・常に振動する場所に取り付けられている

・通電、停電の回数が多くコイル温度の変化の差が多い

・耐熱クラスの温度以上で使用している

・定格電圧以上で使用している

などがあげられます。

 

〇まとめ

ご使用の電磁弁を効率的に使用していくためにも、

これらの要因に当てはまるところがないか、一度チェックしてみてはいかがでしょうか?

また寿命が過ぎた製品に関しては、トラブルにつながることもありますので、

お早目の交換をお勧めします!

三興バルブ運営の楽天ECサイト『VALVIA(バルビア)』の電磁弁シリーズはコチラhttps://item.rakuten.co.jp/haikanzai/c/0000001723/

 

次回は、電磁弁の通電状態や屋外使用でのポイントについて、紹介していきます。

 

電磁弁に関するご不明点・ご質問は、

専門スタッフの在籍する「三興バルブ継手(株)」または弊社運営の楽天ECショップ「VALVIA(バルビア)」

にお気軽にお問合せください!

取扱いアイテム、商品選定、納期・価格などに関するお問い合わせ先