配管ジャーナルPiping Journal

改めて聞きたい配管基礎知識

定水位弁の開閉を調整する電磁弁。自動・遠隔制御も可能!

定水位弁の開閉を促すパイロット弁には、ボールタップを使用するボールタップ式と電磁弁を使用する電磁式があります。しかし電磁式を使用すると遠隔での調整などが可能となり、利用目的によっては有効な選択肢となります。 この記事では電磁弁を用いた場合の効果や特徴など、電磁弁について紹介します。

電磁弁とは

定水位弁は貯水槽の水位を一定に保つ役割があります。しかし定水位弁だけでは槽の中の水位の調整はできません。水位の状態がどうなっているのかを定水位弁に知らせる必要があります。その役割を、パイロット弁が担います。 パイロット弁は受水槽の水位を感知し、定水位弁の開閉を促します。水位を感知する電極の信号を受けて電磁弁が開閉します。

電磁弁を使う目的

電磁弁は電磁石による開閉が可能で水槽の外部に設置されるため、液面の不安定な状態の影響をあまり受けません。 通常、水位感知にはボールタップが主に使用されますが、ボールタップのみの場合、波立ちや劣化などで水量感知が鈍るなど間違った情報を定水位弁に伝える恐れもあります。これが電磁弁を使用する最大の目的です。

電磁弁は、制御盤を通し遠隔での電磁弁の開閉操作ができるため、現地に赴いて操作する必要がないのも大きなメリットです。

電磁弁の注意点

電磁弁を使用する上で、注意すべき点があります。

ボールタップとの併用が必要

定水位弁

資料提供:株式会社ベン​ ​

電磁弁を使用する場合は、パイロット配管に電磁弁とボールタップを必ず併用すること。電磁弁を使用した水位制御は、電極で水位を検出し、副弁側で給水します。 このとき、もしパイロット電磁弁が故障し異常水位になった場合は、ボールタップが安全装置の役目を果たします。電磁弁が水位制御できなくなると、ボールタップが副弁の役割を果たします。

電磁弁の作動が安定した状態では離れた場所から制御できるという大きなメリットがありますが、故障など異常があった場合には制御不能となり、大事故を招く恐れがあります。このような事故を未然に防ぐため、ボールタップを併用し、補佐的に水位感知ができるよう準備が必要です。

 

弊社が運営する配管部品ECショップ「VALVIA(バルビア)」はコチラ

 楽天ショップ    https://item.rakuten.co.jp/haikanzai/c/0000002022/

 Yahoo!ショップ   https://store.shopping.yahoo.co.jp/haikanzai/c4eabfe5b0.html

 Amazonショップ https://www.amazon.co.jp/s?i=merchant-items&me=A3BILKUSV5JVCJ

 

まとめ:電磁弁はボールタップと併用が重要

定水位弁のパイロット機能として電磁弁を使用するメリットは、遠隔で調整ができること、水位の自動制御ができることです。

電磁弁はパイロット弁の一種ですが、単独設置ではなく故障時の水位調整のため、ボールタップを併用する必要があります。電磁弁にはさまざまな製品があるため、適切な製品を選定する場合は、経験と知識が豊富の三興バルブ継手株式会社へお気軽にお問い合わせください。専任のスタッフが担当いたします。

最近では、お客様より送っていただく現場の写真を元に、経験豊富な担当者が資材を選定し納品するご依頼が増えています。現場に合った資材を選べるため、判断が難しい現場では特に喜ばれております。古い施設の改修や機器の交換時のご相談も受け付けておりますので、お気軽に問い合わせください。

 

配管資材専門店VALVIA(バルビア)
Rakuten
amazon
amazon
ビルメンテナンス・修理・保全業者さまへ
  • 現地の商品画像を送っていただければ、商品選定サポートを実施しております!
    減圧弁、ボールタップ、補修継手などの配管部品や、ポンプ・給湯器・トイレなどの設備機器も対応できますので、お気軽にお問合せください。