配管ジャーナルPiping Journal

改めて聞きたい配管基礎知識

狭いトイレのリフォームのススメ!オフィスはどうする?

オフィスのトイレ改修

オフィスビルやテナントビルのトイレは、比較的狭いスペースで設置されていることが多く、使い勝手の改善を感じている利用者も少なくありません。

オフィスビルやテナントビルの狭いトイレをリフォームするには、改修のポイントを把握し短期間で効率的に工事することが求められます。ここでは、狭いトイレを快適に変える改修のポイントとおすすめの製品について紹介します。

狭いトイレをリフォームするメリット

オフィスビル・テナントビルの狭いトイレをリフォームすると、次のようなメリットが期待できます。

利用者のモチベーション向上

オフィスビル・テナントビルで働く人にとって、トイレは大変重要な施設です。用を足すだけではなく、77%のオフィスワーカーがトイレを仕事のモチベーションに影響する場所として挙げています(参考:オフィストイレの意識調査2017 |LIXIL)。

仕事の合間に利用して気持ちを入れ替えたり、トイレで会った同僚と言葉を交わしたり、息抜きをしたりなど、多くの人がトイレをリフレッシュやコミュニケーションの場として利用しています。

さらに個室は一人きりになれ、リラックスできる空間です。個室が手狭でも、便器や内装などを改修することで利用者の使い心地も変化します。充実した個室は気持ちの切り替えもでき、業務のモチベーションも上がります。

機能アップトイレで経済性向上

古くからのトイレは、あまり機能的とはいえないものが使用されていることが多くあります。最新のトイレは節水対策が施されている製品が多く、機能が充実し経済性が向上しています。

例えば用を足す間に擬音を出す機能も、任意の操作ではなくオートで出せるトイレもあります。こうした機能アップトイレをリフォーム時に採用することで、行為音に対しての配慮ができることに加え、ムダ水を抑えることができ経済性を高めることが可能となります。

リフォームのポイント

オフィス・テナントビルの狭いトイレを改修するにあたり、どういう内容が求められるか検証します。

コンパクトトイレで狭い空間を広く

個室のスペースが狭い場合は、トイレ自体をコンパクトなものにすることで、狭いスペースをできるだけ広く使える改修を目指します。

清潔感のある色・デザインを

洗面では歯磨きや身だしなみを整えるなど、多くの時間を過ごします。従業員のモチベーションが上がる清潔感のある色やデザインを選びます。また、バッグや小物を置けるスペースを確保するなど、化粧直しをすることが多い女性の視点で考えることも大切です。

清掃のしやすい素材選び

汚れやすい床や洗面台に、清掃がしやすく汚れが落ちやすい素材を選びます。

おすすめのコンパクトトイレ

オフィス・テナントビルの狭いトイレには、個室スペースをできるだけ広く使えるリフォームが望まれます。そのためには、便器やタンクをできるだけコンパクトにしたトイレに特化することが重要です。人気のLIXIL(INAX)のコンパクトトイレを紹介します。

LIXIL(INAX)の「SATIS S」

LIXIL(INAX)の「SATIS S」は、世界最小のタンクレストイレ。タンクがないことで空間全体を広く感じさせる効果があります。また、他のタンクレストイレと比べて奥行が5㎝短いことが特徴です。足元がすっきりすることで、個室の窮屈さが解消されます。

機能面では、少ない水であっても汚れを一度でしっかりと流すパワーストリーム洗浄、プラズマクラスターイオンが丸ごと消臭・除菌する、衛生面でも安心な鉢内除菌。清掃や使用感にも配慮した高機能が魅力です。

LIXIL(INAX)のパブリック向けタンクレストイレ

限られた空間でも設置できるコンパクトなデザインが特徴です。排水方向も新築・リフォーム用の2種類の床排水に加え、床上排水仕様も用意されています。

従来のタンク付トイレよりも奥行寸法が140mm短いタンクレスタイプ。限られたトイレ空間でも動作範囲が広がります。排水芯可変のリフォーム用なら、多くの既存床排水便器からの器具交換が配管工事なしで可能です。

操作するたびに発電する、電源不要の発電式のリモコンに加え、停電時でもハンドル操作で便器洗浄が行えます。停電時でも快適・安心な機能を備えています。シャワートイレ、お掃除リフトアップやキレイ便座など、掃除のしやすさに配慮した機能を搭載。超節水ECO5、オート擬音も内蔵し機能は充実しています。

給水管サイズ15A対応で給水設備のコストダウンも可能です。

LIXIL(INAX)のパブリック向けタンク式トイレ

タンク式のコンパクトなECO5便器は、従来品より前出寸法が725mmとコンパクトなので、限られたトイレ空間を広々と使用できるのが特徴です。

掃除口付の場合でも便器中心から壁までの距離(掃除口側)が400mm以上あれば設置可能です。リフォーム用はワイドアジャスターを搭載しています。

排水芯を200~510mmの範囲で調整できるため、多くの既設床排水便器からの器具交換が可能です。衝撃に強い樹脂タンクの安全仕様。異物除去に便利な掃除口付便器も用意しています。

経済性も充実しています。大洗浄5L、小洗浄3.8Lの「ECO5トイレ」で、大8L便器と比べて約48%の節水が可能。さらにフチレスなど清掃のしやすさに配慮したデザインで、掃除も楽です。

まとめ:狭いトイレはコンパクトタイプで広々空間に

オフィス・テナントビルのトイレは狭く作られている場合が少なくありません。トイレは利用する多くの人の仕事へのモチベーションにも影響するため、快適空間にリフォームするのが望ましいです。

また狭いトイレには、効率的に空間を広く見せることができる機能的なコンパクトタイプのトイレ便座の利用が有効です。LIXIL(INAX)のコンパクトタイプのパブリックトイレは、奥行が短めで配管工事の必要がないラインナップがあり人気です。

三興バルブ継手株式会社ではLIXIL(INAX)製品をはじめ、トイレ改修や配管工事に関する資材を数多く扱っております。機種選定や設置についてスタッフによるアドバイスもしております。

最近では、お客様より送っていただく現場の写真を元に、経験豊富な担当者が資材を選定し納品するご依頼が増えています。現場に合った資材を選べるため、判断が難しい現場では特に喜ばれております。古い施設の改修や機器の交換時のご相談も受け付けておりますので、お気軽に問い合わせください。

配管資材専門店VALVIA(バルビア)
Rakuten
amazon
amazon