配管ジャーナルPiping Journal

改めて聞きたい配管基礎知識

給湯器の号数は主に3種類ある!選び方と確認方法について解説

給湯器の号数とは

給湯器の号数の定義は「1分間に水温プラス25度のお湯をどれだけの量を生み出せるか」です。使用するガスが都市ガスでもプロパンガスでも、全ての給湯器に設定されているものです。

例えば、15℃の水を40℃に上げて、1分間に16リットル出せる給湯器は「16号」です。 号数が大きければ大きいほど給湯能力は高くなります。エネルギー換算すると1号で1,500キロカロリーほどのパワーがあります。

ガス代や電気代は号数が大きくなるのに比例して高くなります。

給湯器の号数とおすすめの家族構成

先ほど解説した通りで、給湯器には給湯能力を示す「号数」が設定されており、使う家族の人数で号数が変わってきます。 以下の表で号数別に性能とおすすめの家族構成、特徴について記していますので、ぜひ参考にしてください。

号数

16号

20号

24号

性能

25度上昇させたお湯を、1分間で16リットル生産できる。

25度上昇させたお湯を、1分間で20リットル生産できる。

25度上昇させたお湯を、1分間で24リットル生産できる。

家族構成

一人暮らし世帯

夫婦二人世帯

家族四人世帯

特徴

年間を通じてシャワーを使えるが、浴槽とシャワーの同時使用は難しい。

年間を通じてシャワーを使えて、同時に浴槽への湯だめができる。

年間を通じてシャワーを使えて、同時に浴槽への湯だめ、台所でお湯を使える。

特殊な給湯器

一般家庭で使われる給湯器の号数は16〜24号が主ですが、通称「瞬間湯沸かし器」と呼ばれる給湯器の5号のような小さなものや、業務用で使われる32号や50号のような、大きなものもあります。

5号

一般的に「瞬間湯沸かし器」と呼ばれる小型湯沸かし器です。主に台所のシンクに設置されて、沸かしたお湯は皿洗いなどに使われることが多いです。

32号・50号

業務用の大型給湯器です。飲食店や美容院のように大量のお湯を必要とする場所で使われることが多いです。そのため、一般家庭で使われることはまずありません。

給湯器の号数を確認する方法

給湯器の号数は、給湯器本体に貼られたシールに書かれた型番を参考にするのがおすすめです。給湯器の号数がシールに書かれているからです。 型番の頭にあるアルファベットの次の数字が「号数」です。以下に例を記載していますので、参考にしてください。

例)「GH-166AMX」GH-の後に記載の2文字が16なので「16号」である

ノーリツで販売されている給湯器の種類・特徴一覧

では、実際にノーリツで給湯器を交換する場合はいくつか種類があり、その中から選ぶ必要があります。

ノーリツの給湯器は以下の2種類があります。

  • ガス給湯器
  • 石油給湯器

ガス給湯器一覧

ノーリツのガス給湯器は表の3種類で分かれています。

給湯器の種類

特徴

ガス風呂給湯器(GT,GRQ)

給湯+お湯はり・追い焚きのできるタイプ。遠隔設置型(GT)と隣接設置型(GRQ)がある

ガス温水暖房付ふろ給湯器(GTH)

給湯・風呂沸かし・温水暖房・追い焚きと1台4役

ガス給湯器(GQ)

台所・風呂・シャワーの給湯が可能。普及率が高い

石油給湯器一覧

ノーリツの石油給湯器は表の3種類で分かれています。

給湯器の種類

特徴

石油温水暖房付ふろ給湯機(OTH)

追い焚き・給湯を同時に使え、さらに暖房機能が備わっている

石油ふろ給湯機(OTQ・OTX)

石油ふろがまと給湯器が一体化したもの。家中の洗面・シャワー・台所の給湯をまかなえ、お風呂の追い焚きもできる

石油給湯機(OQB・OX)

台所・風呂・シャワーの給湯が可能

まとめ

給湯器の交換や新規導入の際には、各家庭の家族構成や使用状況などを元に選ぶとよいです。この記事を参考に、家族形態にあった給湯器を、交換する際の目安として依頼主に提案する事をおすすめします。

三興バルブ継手株式会社ではノーリツ製品など主力な給湯器メーカーを多数取り扱っており、機種選定や設置について、経験豊富なスタッフによるアドバイスもしております。

最近では、お客様より送っていただく現場の写真を元に、経験豊富な担当者が資材を選定し納品するご依頼が増えています。現場に合った資材を選べるため、判断が難しい現場では特に喜ばれております。古い施設の改修や機器の交換時のご相談も受け付けておりますので、お気軽に問い合わせください。

配管資材専門店VALVIA(バルビア)
Rakuten
amazon
amazon
ビルメンテナンス・修理・保全業者さまへ
  • 現地の商品画像を送っていただければ、商品選定サポートを実施しております!
    減圧弁、ボールタップ、補修継手などの配管部品や、ポンプ・給湯器・トイレなどの設備機器も対応できますので、お気軽にお問合せください。