配管ジャーナルPiping Journal

省人・省施工ソリューション

おすすめの現場管理(施工管理)アプリ12選|機能やタイプも紹介

生産年齢人口の減少による働き手の確保が難しい中、土木・建築を含む建設業ではDXが促進されています。2024年4月1日からは建設業でも、時間外労働の上限規制が適用されることもあり、特に負担が大きな施工管理業務のDXは重要です。

人的リソースを補い、なおかつ業務を効率化するには現場管理(施工管理)アプリを使用するといいでしょう。この記事では、現場管理アプリの導入を検討する方へ向け、現場管理アプリの機能やメリット、選定のポイントを解説したのち、タイプ別でおすすめのアプリを12選紹介します。

現場管理(施工管理)アプリとは

現場管理アプリとは、建設現場における施工管理のサポート機能を持つアプリです。スマホやタブレットにアプリをインストールすることによって、図面や工程管理、報告など、施工管理業務に役立つ機能が活用できます。

施工管理者は、現場技術者の指揮監督のほか、工事スケジュールの調整や予算管理、現場の安全衛生管理など、工事全体の管理業務を担います。日報の作成や公共機関への書類手続き、設計者やクライアントとの打ち合わせなど多様な業務を行うため、場合によっては長時間労働になることもあります。こうした労働負担を減らすために現場管理アプリを活用します。

現場管理アプリの主な機能

現場管理アプリによって搭載されている機能は異なりますが、基本的な機能は共通しています。現場管理アプリの主な機能は以下の通りです。

  • 人員調整・日程調整などの稼働管理
  • 工程表の作成・共有
  • 撮影した工事写真および設計図のクラウド管理
  • チャット
  • プロジェクトごとのデータ確認

こうした基本機能に加えて、それぞれ専門の業界に特化した機能を備えるアプリ、あるいはあらゆる建設業務に対応する汎用的な機能を備えるアプリなど、さまざまな種類があります。

現場管理アプリを活用するメリット2つ

現場管理アプリを活用するメリットは、大きく分けて2つあります。1つは施工管理業務を効率化できること、2つ目はミスやトラブルを防止できることです。それぞれについて解説します。

1.施工管理業務を効率化できる

現場管理アプリに搭載されるさまざまな支援機能によって、施工管理業務を効率化できます。例えば、稼働管理機能で人員配置や日程調整を一元管理することによって、複数の案件の進行をスムーズに行えます。

工程表の共有機能を使えば、天候の影響を受けやすい現場における最新の工程をリアルタイムに確認できるでしょう。それに加えて、日報作成機能やチャット機能によって、現場作業の終了後に事務所に戻って日報を作成したり、問題点を報告したりする手間を省くことも可能です。

2.ミスやトラブルを防止できる

写真や図面管理機能によって、施工管理で生じやすい人的な作業ミスやトラブルを防止できます。撮影した工事写真や設計図面をクラウド上で一元管理できる現場管理アプリのほか、日程や作業工程順に自動で整理してくれる機能を持つアプリもあります。

複数人の技術者によって別の箇所で同時進行される工事では、写真の管理が煩雑になりがちです。大規模な工事になるほど多くの写真を撮影するため、工程順に管理するのは困難になります。煩雑な管理によって写真をとり忘れることもあるでしょう。

クラウドでの一括管理によって写真の撮り取り忘れを防止できるほか、現場管理アプリにはメモを共有できる機能もあります。メモ機能を活用し、指示内容を記録として残すことによって情報の漏れや見落としも防げるでしょう。

現場管理アプリを選ぶ4つのポイント

現場管理アプリを比較する際は、次の4つのポイントを押さえておくといいでしょう。

  1. 基本機能の範囲
  2. 自社の業種への適合性
  3. 料金体系
  4. 操作性・サポート体制

1.基本機能の範囲

基本機能は、現場管理アプリによってそれぞれ異なります。多くの現場管理アプリは、稼働管理や工程表の作成・共有、写真撮影および設計図のクラウド管理などの機能に対応していますが、中には点検・メンテナンス管理、検査報告書の作成など他の機能を基本機能として使えるアプリもあります。事前に詳しく確認しておきましょう。

2.自社の業種への適合性

自社の業種に合った現場管理アプリを選択することが重要です。建設業には、土木や建築、大工、左官など専門に特化したさまざまな業種があるのと同様に、現場管理アプリも目的に応じたさまざまなタイプがあります。

全ての業界に対応したタイプと専門に特化したタイプでは、搭載される機能が異なるため、事前に確認した上、適切なアプリを選定しましょう。

3.料金体系

基本機能の範囲を調べる時と併せて料金体系も確認するといいでしょう。料金体系もアプリによってさまざまです。

利用人数に応じて料金が変動する課金型のほか、基本機能は無料でバックアップサーバーへの保存が課金型になるなど、追加オプションによって費用がかかるアプリもあります。現場管理アプリを使用する頻度や担当者数を考慮して選択するといいでしょう。

4.操作性・サポート体制

操作性やサポート体制を確認しておくと、導入後の活用がスムーズです。充実した機能を備える分、操作が難しくて社内での活用が促進されないケースもあります。

シンプルな機能で直感的な使いやすさを重視するのも1つの手段です。無料で使用できるアプリやトライアル期間が設けられたアプリを使って、操作性を確認してみるといいでしょう。

操作が難しい場合でも、サポート体制が充実していれば安心です。機能の説明や操作方法をわかりやすく教えてくれます。サポート体制の有無とサポート内容も確認しておきましょう。

基本機能が無料で使用できる現場管理アプリ3選

ここでは、基本機能が無料で使える現場管理アプリを3つ、紹介します。

  1. KANNA
  2. クラフタ
  3. テラ施工管理

KANNA

KANNAは、現場管理や写真資料、報告書の作成、チャット・報告などの豊富な機能が無料で使えるプロジェクト管理アプリです。社員と協力会社、現場責任者と職人などによって、操作権限を細かく設定できる権限管理機能や、Googleカレンダーなどのスケジュール管理ツールとの連携ができるカレンダー連携機能も無料で使えます。

オプション機能を追加することによって、改ざん検知機能にも対応した電子小黒板、現場情報や顧客情報、メンバー情報などの設定によるデータ入力・出力機能が使用できます。

料金
KANNAの料金体系は、問い合わせによる確認が必要です。

KANNA

2.クラフタ

シンプルな機能で使いやすさが魅力のクラフタは、完全無料で現場写真の自動格納やメッセージ機能、現場情報の一元管理機能が使用できます。

電話番号を登録するだけでスムーズに利用を開始できる上、LINEと類似したメッセージ機能によって、慣れるまでの負担を軽減しています。メッセージ内で送った写真は自動で保存されるため、写真を管理する手間も省けます。

料金
クラフタは完全無料で使用できます。

クラフタ

3.テラ施工管理

完全無料のテラ施工管理では、現場登録やトーク・グループ機能、地図、日報、勤怠管理など多数の機能が使用できます。現場ごとにグループを作成して、担当するメンバーを登録できる上、施工現場の写真、地図などの共有によって施工状況を一元管理できるでしょう。スマホひとつで容易に入力でき、操作もしやすいです。

また、完全無料導入サポートとして個別WEB面談が用意されています。現場管理アプリの導入を悩んでいる場合は、カスタマーサポートに相談してから検討するといいでしょう。

料金
テラ施工管理は完全無料で使用できます。

テラ施工管理

多様な業界に対応した現場管理アプリ6選

ここでは、多様な業界の現場に対応した現場管理アプリを6つ、紹介します。

  1. ANDPAD
  2. eYACHO
  3. ダンドリワーク
  4. かん介
  5. SITE
  6. Kizuku
  7. デキスパート

1.ANDPAD

ANDPADは、新築・リフォーム、商業建築などの建設現場を中心に、業務の効率化をサポートするクラウド型の建設プロジェクト管理サービスです。クラウドでの一元管理によって施工をサポートすることはもちろん、チャット、図面、検査、受発注、黒板、商談から契約に至るまでの引き合い管理や粗利管理など、充実した機能で施工業務を効率化します。

会計ソフトや見積もりソフト、現場施工品質監査システムなど、ANDPADと連携して利用できる外部サービスも豊富です。課題に合わせて外部サービスを導入することによって、より便利に利用できるでしょう。

料金
ANDPADには、業務形態に合わせたプランが用意されており、アカウント数による機能制限はありません。詳しい料金体系の確認には、問い合わせが必要です。

ANDPAD

2.eYACH

建設DXを促進するeYACHOには、約4万語の建設・土木・設備用語を収録した手書き入力アプリ「建設 mazec」や、写真・PDF・録音・動画機能、帳票・報告書作成機能、情報共有機能など、多彩な機能が完備されています。

手書き入力アプリ「建設 mazec」では、iPadやiPhoneなどのタブレット上で建設用語の手書き入力が行える上、図形ペンを使うことによって手書きの線が整った直線や矩形に変換されます。加えて、寸法線や用紙罫線へのスナップ機能により、簡易図面がスムーズに作成できます。

料金
法人製品は、1ライセンスあたり年額30,800円が必要です。初期導入費用として別途33万円かかります。

eYACHO

3.ダンドリワーク

ダンドリワークは、現場の課題を改善し、業務を効率化するための豊富な機能を揃える現場管理アプリです。現場管理アプリの基本的な機能はもちろん、社会関係者だけで共有したい情報を掲載できる掲示板機能や作業後チェックで品質確認が行える検査機能、現場ごとの勤怠管理が容易に行える入退場機能など、現場でのあらゆる課題の解決を支援します。

基本機能においても、スムーズな業務の進行に有効な機能が厳選されています。現場の住所から近隣の注意事項などの情報が一目で確認できる現場情報機能によって現場の事前確認が行える上、画像書き込み機能によって是正箇所および指示を的確に伝えられます。

料金
月額料金は19,800円から、初期費用は20万円からとされています。ただし、企業それぞれの課題や利用人数によって料金体系は異なります。詳しくは資料請求フォームから問い合わせが必要です。

ダンドリワーク

4.かん介

安全品質に特化した「かん介」は、安全パトロールの徹底や現場事故ゼロを追求した体制の構築を目的とした施工管理システムです。マップを利用して本部から一斉指示を行ったり、災害時および防犯対策としてカメラを設置し、現場状況をチェックしたりすることもできます。

ほかにも、文書・図面のデータ管理機能やクラウドでの共有による現場のリアルタイム状況の確認機能など、現場管理アプリの基本機能は標準完備されています。

料金
かん介は、設備施工における1現場あたりの利用料金が月額1,650円、戸建住宅・ゼネコン・

新築大規模修繕の場合は、1現場あたり5,500円かかります。また導入費用として、標準版が110万円〜必要です。企業それぞれの環境に合わせてカスタマイズする場合は、220万円〜かかります。

かん介

5.SITE

SITEは、案件管理とチャット、スケジュールといった3つのシンプルな機能によって施工現場の情報共有を円滑にサポートするアプリです。案件管理では、案件ごとに顧客情報や現場資料が一元化できるため、管理がスムーズに行えます。加えて、チャット機能と自動写真整理機能を連携することで写真が自動で振り分けされるため、業務負担を軽減できます。

スケジュール機能もチャット機能との連携で、会話の内容をそのままスケジュール上にタスク設定できるなど、便利な機能も備えています。通知機能との併用により、タスク忘れの防止にもつながるでしょう。

料金
SITEの料金の確認は資料請求フォームのダウンロードが必要です。

SITE

6.Kizuku

使いやすさが魅力のKizukuは、基本機能でトークや図書・写真管理、プロジェクト管理、入退場管理、グループウェアなど、施工現場の情報共有および見える化をサポートする充実した機能を備えています。

ベテランの技術者も配慮し、チャット形式のトークを中心した使いやすくシンプルな設計です。図書・写真管理では、場所や時間にかかわらず、現場ごとに保管された最新データにアクセスできます。現場への入場や退場を手軽にスマートフォンで打刻でき、誰が現場にいるのかをリアルタイムで把握できるなど、勤怠管理に便利な機能もあります。

料金
Kizukuは、アカウント数ごとに3タイプの月額料金が設定されています。30アカウントで22,000円、50アカウントで33,000円、100アカウントで55,000円必要です。初期費用は一律11万円かかります。

Kizuku

7.デキスパート

デキスパートは施工管理のためのソフトウェアです。デキスパートを提供するKENTEMは、建設業界に向けた施工管理ソフトの開発と販売サービスを提供し、建設現場の生産性向上と働き方改革の実現をICTソリューションでサポートしています。

電気設備版や水道機械設備版など、各設備業界に特化したデキスパート上の施工計画書作成支援システムでは、施工計画から図面作成、施工管理、納品まで管理できます。

ソフト間でのデータ共有がスムーズなため入力作業の手間を省け、業務効率化が可能です。

料金
要お問い合わせ。

デキスパート

3.特定の業界に特化した現場管理アプリ3選

ここでは、特定の業界に特化した機能を持つ現場管理アプリを3つ、紹介します。

  1. sitebox
  2. Photoruction
  3. 現場ポケット

1.sitebox

SiteBoxは、出来形管理システムやコンクリート受け入れ試験、圧縮強度試験などの機能のほか、電子小黒板、撮影写真の自動振り分け機能などによって土木現場をサポートします。

出来形と同期した工種・測点を選択後に実測値を入力し、クラウドを経由して出来形管理システムと同期することによって、施工対象が指定された条件通りに施工されているかをチェックできます。

コンクリート受け入れ試験では、配合・打設箇所を選択し、試験結果を入力するとクラウドを経由して容易に品質管理システムに取り込めるなど、土木現場の施工・品質管理が効率的に行えます。

料金
料金体系は掲載されていないため、問い合わせが必要です。

SiteBox

2.Photoruction

Photoructionは、工事写真や電子小黒板、図面の閲覧、工程表管理に加えて、オプションではBIM機能を備える建築構造物に強みを持ちます。

ブラウザだけでなくモバイルでもBIMモデルを閲覧できることによって、工事現場での閲覧や情報確認がスムーズに行えます。3D形状やオブジェクトについた属性情報の確認ができる上、断面図やウォークスルーなどのモデル操作も実行できます。

建設現場を支援する豊富な機能を備えた無料トライアルは用意されていますが、継続して使用するには、1年単位で契約を交わす必要があります。

料金
利用者数に応じた月額料金が採用されており、年間費用を固定して利用できます。詳しい料金の確認には問い合わせが必要です。

Photoruction

3.現場ポケット

建設における塗装工事業を中心に豊富な導入実績を誇る現場ポケットは、シンプルな機能設計で使いやすさにこだわった現場管理アプリです。

トーク画面に写真を投稿するとアルバムへ自動的に保存される上、スマホ内にある写真一覧からのアップロードにも対応しています。写真はクラウド上にリアルタイムで保存され、日別で自動的に整理されるため、取り忘れなどの防止にもつながります。

加えて、タグ付け機能によって、施工中の部位や工程に関するキーワードを指定できます。施工写真を後から確認する際にもスムーズです。また、報告書は、テンプレートやアルバム機能によって、定型分を選択するだけで容易に作成できるなど、業務を効率化できる機能が充実しています。

料金
現場ポケットの料金体系は、アカウント数やデータ容量、現場登録数に関わらず月額固定です。年間契約なら月額9,680円、月額契約なら11,000円となります。

現場ポケット

現場管理アプリを導入して建設DXを推進しよう

現場管理アプリを導入すると、施工管理の効率化、ミスやトラブルの防止につながります。稼働管理や工程管理、工事写真の保存などの基本機能のほか、BIM機能、コンクリートの圧縮強度試験機能など、特定の業種に特化した機能を持つアプリもあるため、選定は慎重に行いましょう。

料金体系や操作性、サポート体制なども併せて確認しておくと、導入後にはスムーズに活用できます。紹介したアプリ12選を、ぜひ参考にしてみてください。

円滑な現場のサポートは三興バルブ継手におまかせ

三興バルブ継手では、図面作成代行サービスを提供しています。施工現場を3Dスキャナーでスムーズに撮影し、図面の作成やモデリングまでワンストップでサポートします。

3Dレーザースキャナーを使えば、点群データから3D CADと同じモデリングが可能です。幅広い知識を持つ専任の担当者が対応いたしますので、お気軽にお問い合せください。

配管資材専門店VALVIA(バルビア)