配管ジャーナルPiping Journal

改めて聞きたい配管基礎知識

水漏れの原因は?トイレ・キッチン・お風呂の場所別で対応法を解説

水漏れの原因はさまざまですが、老朽化による配管や内部部品の劣化・腐食であるケースがほとんどです。配管や壁・床の内部に不具合があると、床や壁から水漏れが起きます。これらは内部の部品や配管の劣化が原因であることがほとんどで、壁や床を剥いで大規模な工事が必要になります。

水漏れでは、いち早く原因を突き止めて、正しく対処し、部品を取り替える必要があります。今回は、水漏れの問い合わせで件数の多いトイレ、キッチン、お風呂・洗面所の3箇所の水漏れの原因と、その対処法を解説します。

【場所別】水漏れの原因と必要な工事・対処法

水漏れの原因と必要な工事や対処法について、場所別に紹介します。

トイレの水漏れ

トイレの水漏れの主な原因は5つあります。それぞれの対処法をご紹介します。

1.トイレタンクと便器のつなぎ目の劣化や不具合

トイレタンクと便器の連結部分の劣化が原因で、水漏れが起きるケースも非常に多いです。この場合は、劣化した部品を交換すれば改善されます。

2.便器にヒビが入った

質量のある物を落としたり、便器を踏み台代わりに使用したりすると、便器にヒビが入って水漏れを起こすことがあります。少しの補強で改善されることもありますが、ヒビの大きさによっては便器本体の交換が必要です。

3.タンクの不具合

便器にチョロチョロと水が流れ続けている、またはタンクから水が流れる音がずっと聞こえる場合は、内部の部品の取り替えが必要です。ほとんどの場合でタンク自体の取り替えは必要なく、内部の部品に原因があります。

4.シャワートイレの不具合

ノズル部分から水が漏れている、または作動ボタンの裏側から水が漏れている場合は、ノズルの故障や給水ホースとの接続部分の緩み、またはパッキンの劣化が原因です。内部の部品の取り替えで解決します。

5.配管の不具合

配管の腐食などが原因で、便器接地面から水が染み出ていることもあります。修理の際は、まず床を剥いでから配管工事をするという大掛かりな工事が必要です。

キッチンの水漏れ

キッチンでの水漏れの主な原因4つと、その対処法をご紹介します。

1.蛇口の不具合

蛇口を開けていないのに水漏れする場合は、水栓部分の不具合であるケースがほとんどです。この場合は、ナットを締め直したり、パッキンを交換したりするだけで解決することもありますが、場合によっては蛇口まるごと付け替える必要があります。詳しい原因を探る必要があるでしょう。場合によってはカートリッジ交換などが必要なこともあります。

2.蛇口と給水管の接続部分の腐食

蛇口と給水管の接続部分で水漏れが起こり、水が床に広がっていることもあります。接続部分からの水漏れの原因は、部品(ナットなど)の緩み、パッキンの破損、シールテープの劣化のいずれかである場合がほとんどです。

3.排水ホースの破損

排水ホースと排水トラップは簡単には破損しませんが、長年同じものを使っていたり、古いタイプを使用していたりすると、破損して水漏れしてしまう場合があります。 排水ホースと排水トラップはサイズ確認を行い、合うサイズに取り替えましょう。

4.排水管のつまり

キッチンの排水管は、油や食べ物カスのつまりが原因で排水管内部が破損してしまい、床から水漏れしているケースがあります。配管内部の劣化が原因の場合は、配管自体の交換が必要になります。 キッチンの排水ホースは、内径30×外径34mmのジャバラホースが一般的です。

お風呂・洗面所の水漏れ

お風呂・洗面台の水漏れの原因と対処法をご紹介します。

シャワーの劣化・不具合

シャワーヘッドまたはシャワーホースから水漏れしている場合は、部品の劣化が原因です。シャワーヘッド本体や接続部分のパッキンを取り替えることで、水漏れが解決します。

浴槽のヒビ割れ​​

長年同じ浴槽を使い続けるとヒビ割れすることもあります。簡単な補強で水漏れが改善されることもありますが、ひび割れは寿命の証拠でもあるので、遅かれ早かれ浴槽本体の取り替えが必要です。

洗面台の下のパイプの不具合

洗面台下のパイプの不具合で、洗面台下の収納や床に水漏れすることがあります。 洗面台とのパイプの接合部から水漏れしている場合は、ナットを締め直したり、パッキンを交換したりすることで改善されます。パイプのヒビ割れの場合は、パイプ本体の取り替えが必要です。

水漏れの原因を見つけて適切な工事を

水漏れの修理では、まずは水漏れの原因をしっかりと突き止めた上で、耐久性のある部品へ取り替えることが大切です。水漏れ箇所によって部品のサイズ・品番なども異なるので、正しい部品を手配する必要があるでしょう。

配管機材の専門商社として75年の歴史を持つ三興バルブ継手は、水漏れの応急処置で使用できる資材や取り換えの配管部品なども幅広く取り扱っています。

現場で使用する資材に迷ったら、専任のスタッフからアドバイスすることも可能です。現場の画像を元に資材の選定のお手伝いもします。部品の調達にお困りの際は、ぜひお気軽にご相談ください。

取扱いアイテム、商品選定、納期・価格などに関するお問い合わせ先