配管ジャーナルPiping Journal

図面製作サポート

工場図面化の問題点とは?効率化への取り組みを解説

工場 図面化

工場やプラントの改修は、現場調査を経て図面を起こすことから始まります。最近では、現地調査の期間短縮や工期短縮の側面から、3Dレーザースキャナーを採用する企業も目立ちます。

この記事では、工場改修時の図面化について解説します。

工場改修の課題

工場の改修で最も重要なのは、正確な図面を作成することです。経年劣化や設備導入など、工場やプラントの改修は様々な理由で行われます。改修工事は、事前の現地調査をしっかり行うことが大切ですが、現実には現地調査自体に課題を抱えていることが少なくありません。

適正な工法の選定や強度の検討、施工計画の提示、正確な図面を起こすのに、現地調査は欠かせません。工場の規模によりますが、広い工場では現地調査に長い時間がかかり、調査員の確保も必要です。

また、現地調査で得た情報を基に図面を起こすのにも時間がかかり、こうした理由から、現地調査から図面を起こすまでが効率的に進みにくくなります。

改善ポイントと対策

工場改修時の図面化の課題は、いくつかあります。具体的な課題をあげ、改善策を紹介します。

現地調査の効率化

現地調査を行うのは施工管理技士です。現地調査にかかる期間を短縮でき、コストの圧縮や業務の効率化につながります。

3Dレーザースキャナーが対策のカギ

改修工事では、現況と一致する施工図が必要です。現地調査を行う理由はここにあります。 7日~10日かかるような現地調査と図面化が、3次元計測の活用によって2~3日程度に短縮できます。

3Dレーザースキャナーで業務改善

工場の改修工事に伴う現地調査と図面化は、3Dレーザースキャナーを利用するのがおすすめです。3Dレーザースキャナーのメリットについて、解説します。

3Dレーザースキャナーでできること

3Dレーザースキャナーで得た点群データを基に、精確かつ短時間で断面図や平面図を制作できるため、現地調査と作図にかかる時間を大幅に短縮できます。また、点群データを活用すれば素早く簡単に現況をモデリングできます。

まとめ:工場改修の図面化は3Dスキャナーで効率化を

工場やプラントの改修は長期に亘ることも多い上に、図面化の工程で業務上の改善を要することも少なくありません。3Dレーザースキャナーを使用すると、現場調査時間の短縮、人件費や残業時間を縮小できるなど、業務やコストの改善に有効です。

業界ひとすじのプロ集団である三興バルブ継手株式会社では、「配管設備資材の販売・納品」だけでなく、改修工事現場を中心とした「3Dスキャナによる図面作成」や、「配管加工・ハウジングプレファブ加工」までワンストップでお届けできるサービスを展開しております。幅広い知識を持つ専任の担当者が対応いたしますので、お気軽にお問い合せください。

                         ↓↓3Dスキャン図面サービスの資料ダウンロードはコチラ↓↓

                 
配管資材専門店VALVIA(バルビア)
Rakuten
amazon
amazon