配管ジャーナルPiping Journal

図面製作サポート

3Dレーザースキャナーの価格と製品の選び方まとめ

工場など建物の改修時に必要な現地調査(現調)などに利用されている3Dスキャナーは、機能が充実しており、注目を集めています。3Dレーザースキャナーにはさまざまなメーカーからさまざまな製品が出ていますが、価格や機能などに違いがあるため、どれが一番自社に合うのか判断に迷う場合もあることでしょう。

この記事では、3Dレーザースキャナーの選び方と、今注目すべき3Dスキャナーを紹介します。3Dレーザースキャナーの機能や概要も説明していますので、自社の用途適性に合った製品を選ぶ際に、ぜひお役立てください。

3Dレーザースキャナーの概要

3Dレーザースキャナーは、レーザー光線を利用して空間位置情報を取得する計測装置です。

スキャナーから対象物に照射したレーザー光線を往復させて、距離や角度を割り出します。 3Dレーザースキャナーで主に使用される計測方法は、タイム・オブ・フライトという方式です。測定対象物に照射したレーザー光線が再び戻ってくるまでの時間を測定し、その時間から対象物までの距離に換算する方式です。

毎秒100万本以上のレーザー光線を照射し、大量の点で計測結果を取得します。この取得結果を「点群データ」と呼びます。ひとつひとつの点には、照射物のわずかな凹凸が空間座標(x、y、z)で記録され、精密に照射物の形状を再現します。 目に見えるものすべてのデータを取得できるため、計測時に漏れがないのが、3Dレーザースキャナーの最大の特徴です。

そのため、3Dレーザースキャナーは、現地調査の際に役立つ優れたツールとして活用されています。

3Dレーザースキャナーの選び方ポイント

3Dレーザースキャナーを選ぶ際は、次のようなポイントに着目して検討することをおすすめします。

精度・解像度

3Dレーザースキャナーを選ぶ際に最も重要なのは、精度です。

長さや繰り返し測定の精度、点群のバラつきなど、メーカーによって基準に違いがあります。工場改修などの現地調査以外の用途に3Dレーザースキャナーを使用する場合、どのような用途に利用するのか事前に明確にし、目的に応じた精度をあらかじめ確定しておきます。

また、どれくらいの解像度が必要なのかも検討します。解像度が高いほど、より詳細な3Dデータを取得することができますが、解像度が高いほどデータは重くなり、処理にも時間がかかります。データ取得からエクスポートの際の速度を重視する場合、用途に応じた解像度を選択できる製品を選ぶことが大切です。

据え置きタイプかハンディタイプか

3Dレーザースキャナーには、手に持って測定できるハンディタイプと据え置きタイプがありますが、主流は据え置きタイプです。据え置きタイプは三脚の上に設置して使用します。

機種によっては300mほど先のターゲットへ届くほど、広範囲での照射が可能です。計測対象の裏側のような読み取りにくい部分や1台では照射しきれないほど広い範囲も、複数台の3Dレーザースキャナーを使い、データの合成や座標付けが可能です。 ハンディタイプは手振れしやすいのが欠点ですが、自由度の高さがメリットです。

必要な機能

3Dレーザースキャナーの中には、内蔵のデジタルカメラで撮影した写真の色データを元に、取得した点群データに着色できるものもあります。

着色されると視覚的に分かりやすく、プレゼンの際などに活用できます。そのほか、点群データの表示や編集に専用アプリケーションを使いますが、3D CADやBIM/CIMとの連携ができると、多角的な解析や表現に利用でき、便利です。

3Dレーザースキャナーは多機能なため、どの機能が必要か絞ることが製品選択の基準になります。

価格・サポート体制

3Dレーザースキャナーの機種ごとの価格差は、機能やデータの品質・解析速度によって生じることが多いです。低価格の3Dレーザースキャナーは購入しやすいのが魅力ですが、高価格の3Dレーザースキャナーは、高品質で、誤動作の可能性が低く、長期間の利用が可能です。

建築物を対象物とした場合、遠距離の精密なデータを取得する必要があるため、機能の充実したスキャナーを選ぶ必要があります。その分適合する製品の価格も高額になりますが、価格と品質、必要な機能のバランスを考慮し選びます。

また、3Dレーザースキャナーは精密機器のため、メンテナンスやサポート体制も重要です。補償や修理への対応や消耗品購入時の対応、不具合があったときのサポート体制などについても確認する必要があります。3Dレーザースキャナーを購入後には、長く使用することが予想できます。ファームウェアのバージョンアップなど、サポート体制がしっかりしていると安心です。

まとめ:3Dレーザースキャナーは機能とサポートを重視して選ぶ

対象物の空間位置情報を取得する3Dレーザースキャナーは、さまざまな製品があるため、選ぶ際に迷うこともあるでしょう。

その際には、3Dレーザースキャナーを使用する目的や用途を明確にし、価格やサポート体制なども考慮して製品を選ぶといいでしょう。 また、3Dレーザースキャナーを使用した現地調査代行サービスや図面作成サービスを利用するのもおすすめです。慣れた技術者が現地にて測定するため、質の高い調査と図面作成を実現できます。3Dレーザースキャナーの使用頻度によっては、こうしたサービスを活用するのもおすすめです。

配管資材専門店VALVIA(バルビア)
Rakuten
amazon
amazon